夏風邪の症状と治し方。種類は?長引く高熱や下痢を治すには。

未分類

今年も夏が来ますね。(いやだけど)私の住んでる地域は日本でも有名な高温地域なんです。体温超えの気温は当たり前・・!

Sponsored Link

暑いから!クーラーもつけっぱなし!!(我が家にはシベリアンハスキーが2匹、ゴールデンレトリバーが1匹いるので、わんこ達のためにも消せません!)暑いから!!氷いっぱいの冷たい飲み物をがぶ飲みしちゃいます!!当然、外気温との差は激しく、体調を崩しやすいです。夏風邪は毎年のようにひいてしまいます。どうしたら、早く気づいて治せる・・・?調べてみましょう!!

夏風邪の種類は?

blue-84621__180
夏風邪、と言っても種類はいろいろ・・・代表的な種類をあげてみました。

①ヘルパンギーナ②手足口病③プール熱(咽頭結膜炎)

などがあります。小さなお子様がいらっしゃる親御さんなら、一度は耳にしたことがあると思います。保育園や幼稚園で流行ったりしたという話を聞いたりします。

夏風邪の原因はなに?

napkin-box-312693__180
夏風邪も冬の風邪と同じく、やはりウイルスが原因と言われています。夏風邪を引き起こす代表的なウイルスは「エンテロウイルス」「アデノウイルス」です。

Sponsored Link

これらのウイルスは比較的、抵抗力の弱い子供がかかりやすく、毎年繰り返しかかってしまうこともあります。症状は比較的穏やかなので油断しやすく、長引いてしまったり、感染症を引き起こすこともしばしば・・・注意することに越したことはありません。

*エンテロウイルス*

のどから感染し、その後、腸内で繁殖するウイルスです。「エンテロ」とは「腸」を意味合いを持つ言葉です。子供がかかりやすく、下痢や嘔吐など、胃腸に不調が現れるのが特徴です。また、発疹が現れる「手足口病」の原因でもあるとも言われています。ちなみに、手足口病は子供だけの病気と認識されていましたが、子供から感染して、大人が発症することも報告されているようです。

エンテロウイルスの仲間で「コクサッキーウイルス」というのもあります。のどの炎症や突然の高熱を引き起こすウイルスです。口の中にポツポツと白っぽい発疹が出来たり、のどが真っ赤に腫れ上がってしまうような強い炎症を引き起こすヘルパンギーナの原因菌とも言われています。

*アデノウイルス*

呼吸器と腸で繁殖するウイルスです。「アデノ」とは「扁桃腺」や「リンパ腺」を意味する言葉です。型によって症状が現れる部位が違っています。夏風邪の原因とされるウイルスの中でも特に有名で、名前の由来どおり、のどの痛みや発熱、激しい咳などを引き起こします。

子供はプールで感染することが多いので、このウイルスによる症状を「プール熱(咽頭結膜炎)」と呼んだりもします。プール以外でも、飛沫感染や接触などでも感染します。大人が感染すると、扁桃炎や肺炎など、症状が重くなるケースもあります。

夏風邪の症状や特徴は?

allergy-18656__180
ウイルスによって、発症する部位、症状など様々です。エンテロウイルスやアデノウイルスが引き起こす夏風邪の種類をあげてみます。

①ヘルパンギーナ

湿気の多い6月あたりの梅雨時に流行しやすい夏風邪です。4歳以下の小さなお子様がかかりやすい傾向があります。39度〜40度の高熱とともに、のどの奥が真っ赤になり、プツプツとした白っぽい水泡が出来ます。そのせいで、つばを飲み込めないほどの痛みを伴います。根本的な治療法がないため、投薬などで痛みを抑えながら1週間程度、安静にすることで治癒していきます。症状がひどいと、のどの痛みで食事をとれないこともあるので、点滴などを行う場合もあります。

②手足口病

微熱や食欲不振から始まり、手のひらや指の間、足や足の裏、ひざ、舌や唇、口の中などに赤い発疹が現れます。赤ちゃんなどの場合、おしりにも発疹が出ることもあります。発熱は意外に低く、38度以上に上がることは少ないようです。ヘルパンギーナと同じで、根本的な治療法はありません。口内炎の痛みを和らげながら、安静にして自然回復を待ちましょう。

③プール熱(咽頭結膜炎)

7月から8月にかけてがピークと言われています。39度前後の高熱と、のどの痛み、結膜炎が特徴です。
頭痛、嘔吐、下痢などを伴うこともあります。感染力が強いため、学校保健法で「主要症状が消失したあと、2日経過するまでは登校できない」と指定されています。プール熱は、のどの粘膜や血液から検査可能です。
おかしいな、と思ったらクリニックでの受診をお勧めします。これもまた、特別な治療法はないので、安静にして自然回復を待ちましょう。

長引く高熱や下痢を治すには。

thermometer-833085__180 (1)
高熱で体が辛い、咳が止まらなくて苦しい、など長引くととても辛いですよね。総合感冒薬や、解熱鎮痛剤を使うのもひとつの方法です。辛い症状を和らげて、体力を温存させるのに役立ちます。脱水症状を避けるためにも、水分補給はこまめに!常温の(これがポイント!)ミネラルウォーターや、スポーツドリンク、経口補水液などを摂りましょう。のどの痛みなどで辛い場合は無理せずに!!かかりつけのドクターに相談してください。点滴などの治療が受けられます。

下痢の症状は止めないほうが賢明です。原因となるウイルスを体外に排出しようとして起きている症状のためです。薬などで無理に止めてしまうと排出が遅れ、かえって回復が遅れてしまうことがあります。どうしても我慢出来ない!といった場合を除いて、出来るだけ使用を控えましょう。ただし、下痢による体力の消耗が激しい場合などは、かかりつけのドクターに相談してみてください。

いかがでしたか?
小さなお子様をお持ちの親御さん、今年の夏もお子様の体調に気をつけながら
思い出いっぱいのステキな夏を過ごしたいですね♪

Sponsored Link

Posted by nakazato


PAGE TOP