犬の赤ちゃんは何センチくらい?いつからいつまで??エサは?

ドッグフード, 赤ちゃん

犬の赤ちゃんってとっても小さい!!手のひらサイズです♪あびさん(享年16歳)の出産に2回、立ち会っています。とっても感動しますよ!!

Sponsored Link

お産が始まると、一生懸命!いきむんです。赤ちゃんが出てくると、舐めて羊膜を破って綺麗にしてあげて、へその緒を噛みきってあげるんです!みゃーみゃー泣いてる赤ちゃんを、丁寧に優しく舐めているんです。本当に感動しますよ!命の尊さを実感する瞬間です!!

犬の赤ちゃんは何センチ(CM)くらい?

hybrid-1243966__180

だいたい、手のひらサイズ=約10cm〜約20cmくらいだと思います。私の見た感じでは、小型犬も大型犬も、生まれてすぐの赤ちゃんの大きさはあまり大差ないような気がします。
成長の度合いが違うんだと思います。あびさん(ミニチュアダックス)の赤ちゃんは手のひらにすっぽり収まるサイズでしたね♪成長過程を見ていると、小型犬より、大型犬のほうが速く!縦・横に大きくなっていきます。まるまるとした、ぬいぐるみみたいな子犬の時期は、あっという間に過ぎてしまいます。いっぱい!記録を残しておくといいですよ♪

犬の赤ちゃんっていつからいつまでをいうの??

suckle-374951__180

一般的に「赤ちゃん」ではなく、「子犬」と捉えられています。子犬の期間は生後12ヶ月、つまり1年間と言われています。が、細かく言うと犬種によって違っています。そりゃ、そうですよね!大人のダックスと、生後2ヶ月〜3ヶ月で家族になった、ボーダーコリーとハスキーでは体格が全然違ってましたもん。あびさん(ダックス)はきっと「なんてデカイ子犬だ!」って思っていたんじゃないですかね〜(笑)

Sponsored Link

☆小型犬の場合

例えば現在、とても人気のある小型犬(トイプードルやチワワなど)は子犬期間はだいたい、生後6ヶ月くらいまでです。体としてはだいたい、生後10ヶ月くらいには成犬と同じくらいになります。生後6ヶ月から12ヶ月は「青年期」にあたります。人間で言えば、ちょうど18歳くらいです。

☆大型犬の場合

だいたい、生後12ヶ月(1歳)くらいまで「子犬」です。とってもデカイ子犬です(笑)ですが、体は2歳頃まで成長し続けます。骨格が2歳頃まで変化し続けるんです。

余談ですがドッグショーなどではもっと細かく分けられています。

☆ベビークラス    →生後4ヶ月1日以上
☆パピークラス    →生後6ヶ月1日以上
☆ジュニアクラス   →生後9ヶ月1日以上
☆ヤングアダルトクラス→生後15ヶ月1日以上(1歳3ヶ月)
☆アダルトクラス   →生後24ヶ月1日以上(2歳)

これは骨格のつくりが違うため、厳密にクラス分けされているんだそうです。

犬の赤ちゃんのエサってなにがいいの??

puppy-1207816__180

子犬が成長するのに必要な栄養素、カロリーなど、いろいろ気をつけなければならない時期です。一般的に売られているドッグフードのパッケージにはちゃんと記載されています。「パピー用」とか「幼犬用」など記載されているのがそうです。

子犬は健康な体づくりのために
☆良質なタンパク質
☆骨や歯を作るカルシウム
☆マグネシウム
☆ミネラル
☆カルシウムの吸収を助けるビタミン
☆健康をサポートするビタミン
などをバランス良く配合されたのが子犬用のドッグフードです。

手作りの食事とかもありますが、栄養のバランスを子犬に合わせるのはとても難しいので、パピー用のドッグフードを与えるのがいちばん無難だと思います。

与える量などもきちんとパッケージに記載されています。量が多すぎても、少なすぎてもダメです。

歯が生え揃わないうちは適量を水でふやかして練ってからあげていました。お湯ではダメなんだそうです。ビタミンが壊れてしまうからだそうです。水も水道水で、ミネラルウォーターはダメだとか!(獣医さん談)ちょっと食欲がないときは、犬用粉ミルクをふりかけたりしていました。うんちの様子を観察しながら、ドッグフードの軟らかさを変えていきます。

豆知識ですが、生後1年間は体重が増加して、カロリー要求量は生涯の中で最も高い時期となります。特に生後5ヶ月〜6ヶ月には成犬になるまでの体重の70%くらいまで増加します。必要なカロリーは成犬の2倍!生後6ヶ月〜12ヶ月は1.2%〜1.6%で、健康維持のためのカロリーが必要です。大型犬は小型犬より成長期が長くなるので、すべての犬が1年で成犬になるわけではありません。それぞれの犬がどの成長期にあるか考えてカロリーを調整していきます。

睡眠時間ってどのくらい?

animals-1509196__180

犬はとても良く寝ます。うちのわんこもよく寝ています(笑)

子犬の睡眠時間はとても長く18時間〜19時間と言われています。可愛いから!ついつい、かまってしまいがちですが、そこは我慢!!ゆっくり寝かせてあげることがとても大切です。

子犬は好奇心旺盛で学習するために、あちこちをよく動き回ります。エネルギーの消費もかなりのものです。その分、睡眠時間を多く必要としています。授乳中であれば、お乳を飲んでる時間以外はほとんど寝て過ごします。

うちには生後11ヶ月のシベリアンハスキーがいますが、大型犬なのでまだ子犬です。(28キロあっていちばんデカイ!!)やっぱり、よく寝ています!ヒマさえあれば寝ています。ゴールデンレトリーバー(1歳半)もこれまたよく寝ます!(24キロ)子犬にとって「寝ること」は仕事みたいなものなんでしょうね(笑)

いかがでしたか?子犬の期間はとっても短いんです。ちょっと大変かもしれませんが、可愛い家族の成長のために頑張ってみましょう!短い期間を楽しんでみてくださいね♪

何度も言いますが!本当にあっという間ですよ(*^ω^*)

Sponsored Link

Posted by nakazato


PAGE TOP