犬アレルギー検査方法。症状と対策は?治療法はこちら!!

犬アレルギー, 検査方法

現代はいろんなアレルギーがあります。うちの次女も「犬アレルギー」が判明!!抜け毛やフケなどが原因となり、体調次第で湿疹が出たりします。症状は軽いのですが、喘息も持っています。私は「猫アレルギー」です。猫を触った手で目を触ると「誰ですか?」と言わんばかりに腫れ上がる、毛が気管に入ったらもう!大変!!咳が止まらず、喘息の症状に似た感じになります。でも、猫も可愛いので触りたいんです(泣)

Sponsored Link

犬と接触することによってアレルギー反応を引き起こし、くしゃみ、鼻水、咳など、風邪に似た症状を発症します。犬を家族として迎えたら、天寿まで少なくとも10年近くは一緒に生活します。自分も、家族も、犬に対してアレルギー症状を発症しないかどうか、あらかじめ確認しておくことが重要です。むろん、後から発症することもあります。うちの次女は幼い頃は発症しませんでしたが、18歳の夏に発症しました。

それでも!可愛い家族でもあるわんこ達と離れるのは絶対にイヤなものです!さて、アレルギーをうまくコントロールしながら、わんこ達と上手に暮らすには??

犬アレルギーって何??症状ってどんなもの??

woman-698988__180

1)犬アレルギーって何??

「犬アレルギー」とは、犬が人間に与えるアレルゲンによってアレルギー反応が引き起こされた状態を言います。「アレルギー反応」とは、体内に侵入した異物に対し、白血球を始めとする免疫系が過剰反応し、本来守るべき人間を逆に苦しめる現象のことです。そして、このアレルギー反応を引き起こす物質を「アレルゲン(抗原)」と言います。

人によってアレルゲンは異なり、また個人差もあります。花粉症などもそうですよね?食物アレルギーなどもアレルゲンは多種多様にあります。私も次女も花粉症、金属アレルギー、次女は他に「蛾」の鱗粉もダメです。

当然、可愛い家族である犬もアレルゲンになる可能性は大いにあるわけです。

2)症状ってどんなもの??

まず、症状として軽いものとしては、ちょうど風邪をひいた状態から、発熱がない感じに似ています。

☆咳
☆喘鳴(喘息に似たゼーゼーした呼吸)
☆目のかゆみ、充血
☆鼻がむず痒い、鼻水が出る
☆くしゃみ
☆皮膚の発赤

これらの症状が悪化し、重症化することもあります。個々の体質や、その時点での体調、すでに持っている喘息などが悪化の引き金となることもあります。

☆下痢
☆嚥下困難
☆呼吸困難
☆めまい
☆吐き気、嘔吐
☆心拍数の増加

軽い症状のうちに医師の診察を受けることをおすすめします。ちなみに我が家は皮フ科を受診、検査してアレルギーとアレルゲンを特定しました。

犬アレルギーの検査方法は??

nurse-1159318__180

まず、アレルギーテストを受けることをおすすめします。次女のパターンでは、

☆皮フ科を受診(発疹があったため)
☆犬を家の中で多頭飼いしていることを申告
☆生活状況を申告

これで、アレルギーテストを受けることになりました。花粉、動物、ハウスダストなどなど・・・症状が多岐にわたっていたので、金属アレルギーテストは症状が収まってから受けることになりました。

結果は悲惨!!花粉は数種類(いちばんはよもぎ!)、犬アレルギー、蛾の鱗粉、ハウスダスト・・・いちばん反応が強かったのは「犬アレルギー」!!トリマーになりたい、と言っていた次女は驚愕!!真っ先に医師に尋ねたことは「わんちゃんと離れられない!なんとかしてください!!」
女医さん(結構強めの綺麗な人♪)でしたので、「犬アレルギーでもトリマーやってる人はいっぱいいるよ。うまくコントロールすれば大丈夫!まかせなさ〜い♪」と力強いお言葉!!いいお医者さんに巡り会えたことに感謝です(*^ω^*)

*余談ですが、アレルギーが受診の目的ではなく、全身に広がった巨大な蕁麻疹と、リンパまで腫れてしまった頭皮湿疹で受診しました。アトピーもあり、毎日の点滴と注射で1ヶ月できれいに完治しました。ちなみに、長女には犬アレルギーの反応はありません。

Sponsored Link

☆犬アレルギー検査法

犬アレルギーの検査方法としては
1)プリックテスト
2)RASTテスト
この2つが主流です。いずれも100%の精度というわけではありませんが、犬と暮らす人全員が事前に受けておくと安心かと思います。
内科、皮フ科、耳鼻科。アレルギー科などにご相談ください。

1)プリックテスト

プリックテストとは、アレルゲンを付着させて針で、皮膚の表面を軽く刺すという検査方法です。たいていは前腕の内側で行います。

2)RASTテスト

血液を少量、採取する検査方法です。血液中に「IgE抗体」と呼ばれる、アレルギー反応の副産物が検出されるかどうかで判定されます。

日々できる対策、予防法は?

dog-1178365__180

まさか!わんこを手放すなんて!絶対に出来ません!!!!!
我が家で始めたことは・・・

家の中に
シベリアンハスキーが2匹、ゴールデンレトリーバーが1匹、3匹ともデカイ大型犬です!

1)マスク着用でこまめにブラッシング!
抜け毛がアレルゲンなので、ハスキーは「ファーミネーター」で下毛の抜け毛を処理します。毎日が収穫祭!(笑)
ゴールデンはブラッシングして抜け毛除去!

2)ちょっと高額だけど、ダイソンの掃除機を購入!
ダイソンのコードレス掃除機を購入。あっちこっちにフワフワしている3匹分の抜け毛を見つけ次第!掃除機で吸い取る!!お布団やクッションもいろんなパーツを使って、掃除機かけまくり!!これでハウスダストもついでに退治!!

3)出来るだけ!カーペットはひかない。
ハウスダストの住処になるし、抜け毛がびっちり付いてしまうので、ギリギリまでフローリングで過ごしてます。

4)手洗い、うがいはこまめに!!
これは何につけても言えることですよね♪

5)シャンプーシートで全身拭きまくる!!
大型犬なので、お風呂がなかなか大変・・・そこでシャンプーシートの出番!テレビとか観ながら撫で回すようにシャンプーシートで拭いてます。(ちなみに3匹とも、お風呂が大嫌い!!)シャンプーシート様様です♪

他にも

☆空気清浄機を稼働する
いろんな空気清浄機が発売されています。HEPAフィルター付きのタイプがおすすめです。

そしてこれもあります!
☆医師に相談する
症状にあったお薬を処方してもらうことで症状は軽減します。

治療法はこちら!

doctor-1228627__180

残念ながら、現時点ではアレルギーに対する特効薬はありません。アレルギー症状を発症した場合は、出来るだけ、症状が悪化しないようにすること(対症療法)がメインとなります。

☆アレルギーへの対症療法

1)鼻スプレー
2)坑ヒスタミン薬
3)ステロイド薬
4)気管支拡張薬
5)脱感作療法

5)の「脱感作療法」だけは、症状の根治を目指したものです。
低濃度のアレルゲンからスタートし、少しずつ濃度を高めて行く中で、アレルゲンを体に慣らしていくという治療法です。うまくいけば!症状は大幅に軽減されますが、時間がかかる、人によって効果が出ない、というデメリットもあります。

いかがでしたか?出来れば!アレルギー症状がでなければいいんです!でも、出てしまっても、対処法はあります。うまく乗り切ってわんこLIFEを楽しみましょう(*^ω^*)

Sponsored Link

Posted by nakazato


PAGE TOP