犬の抜け毛がひどく多い時の症状や原因、対策は?予防策は?

抜け毛

抜け毛・・・室内でわんこと暮らしている人の永遠のテーマ・・・(笑)シベリアンハスキー2頭、ゴールデンレトリーバー1頭と暮らしていると、「さっき掃除機かけたのに〜」って思うほど!家中、毛だらけ(笑)いろいろ便利グッズを揃えてはいますが、結局は人間がやらないと、大変なことになってしまいます。フカフカの毛皮はとっても魅力的♡

Sponsored Link

シベリアンハスキーは大型犬の抜け毛ランキング1位!換毛期は毎日バケツ1杯・・・うちは2頭だからバケツ2杯(確かに!)ゴールデンレトリーバーは4位!!(細くて長い毛がいっぱい!)
そりゃ〜家中をどんなに掃除しても、すぐに毛だらけになるわけだ・・・
これだけの抜け毛の量ですと、たま〜に「皮膚病??」って考えたりもします。換毛期には相当量の抜け毛がありますが、病気でも抜け毛はあります。調べてみましょう!!

犬の抜け毛が気になるなと思う症状って?

dog-1604054__180

普通に抜けてる程度であればなんの問題もありません。でも!地肌が見えるほどに抜けていたら?ちょっと心配になりますよね。人間でいう「10円ハゲ」のように、円形に抜けてきたり、体全体の毛が薄くなってきたり・・・。これは異常事態を疑ったほうがいいでしょう。ストレスでも抜け毛は起きます。
換毛期は季節の変わり目、(春から夏、秋から冬)、気温や日照時間に反応して生え変わる時期です。これは犬にとって生理的な現象で、ブラッシング&ひたすらお掃除で対処出来ます。
が、それ以外で大量の抜け毛は何か、病気が潜んでいる可能性も疑われます。

原因によって症状は様々です。
例えば
1)「10円ハゲ」のように、脱毛が局所的に現れるケース
2)尻尾の付け根や顔などに部分的に現れるケース
3)全身に脱毛が見られるケース
などです。病気によっては、脱毛の他にかゆみや皮膚の赤みを伴うケースもあります。また、かゆみがほとんど見られない状態で、脱毛が見られる場合にはホルモン異常(内分泌性疾患)が原因の可能性が疑われます。

内分泌性疾患による脱毛症では、
1)左右対称性の脱毛
2)体全体の被毛が薄くなる
3)黒ずむ
4)フケが多くなる
5)毛づやが悪くなる
といった症状が現れることがあります。

なお、プードルやマルチーズ、ヨークシャーテリア、シーズー、パピヨンなど、本来、季節的な換毛が少ない犬種に一時的に多量の脱毛(抜け毛)が見られる場合、病気による脱毛症の可能性を疑ってみたほうがいいでしょう。

抜け毛の原因って何?

alaskan-malamute-1531351__180

換毛期以外での脱毛(抜け毛)の原因には
1)アトピー性皮膚炎
2)ノミ・ダニなどの外部寄生虫による皮膚炎
(アカラス症、疥癬、ノミアレルギー性皮膚炎、ツメダニ症など)

3)真菌(カビ)や細菌による感染症
(皮膚糸状菌症、膿皮症など)
4)ホルモン異常(内分泌性疾患)

などが主に挙げられます。

Sponsored Link

アトピー性皮膚炎、ノミ・ダニなどによる皮膚炎、細菌などの感染による脱毛の多くには、かゆみや炎症、発疹などを伴いがちです。真菌の場合は、円形脱毛が現れる場合もあります。また、内分泌性疾患によるものでは、かゆみがほとんど見られない場合もあります。
脱毛を伴う内分泌性疾患には、

1)ホルモンの過剰分泌によるクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)
2)ホルモン量の低下による甲状腺機能低下症

などがあります。
また、アロペシアX(X脱毛症)と呼ばれる原因不明な脱毛症もあり、これはポメラニアン、チャウチャウ、キースホンドといった北欧系の犬種にみられることがあります。また、遺伝的な要因が関与しているカラー・ダイリューション脱毛症(CDA:淡色被毛脱毛症)と呼ばれる脱毛症もあり、これは薄色被毛の犬に認められ、ドーベルマン、ミニチュア・ピンシャー、ダックスフンドなどに見られることがあります。

抜け毛が見えた時の対策は??

golden-retriever-76184__180

換毛期以外での脱毛は獣医さんを受診してください!なにか病気が潜んでいるかもしれません。

さて、我が家では抜け毛ランキング1位が2頭、4位が1頭(もはや笑える・・・もふもふ好きが原因w)ということで、換毛期は大変なことに!!(ブラッシングのたびに大収穫w)いろいろ便利グッズを試してみました。

基本的にブラッシングは日常的、さらにシベリアンハスキーはダブルコートなので、「ファーミネーター」が必需品!これで下毛がごっそり取れます。(それこそバケツ2杯分w)そして、「Doggy Man ホームバーバー プロフェッショナル」!!パワーがあり、充電式に加えて、ACアダプターを繋いだ状態でも使用できるので、4頭の毛刈りにはばっちり!!(お高いのでバーゲンを狙ったw)

いちばんお手軽なのは「コロコロ」ですね♡各部屋に1個、車には2個ずつ!(コロコロなしでは、車から降りられない!)玄関には2個!!カーペット用の強力タイプを使っています。(洋服の生地が痛むとか、どうでもいいレベルの抜け毛・・・)スペアロールは安売り時にまとめ買いwwwww

フローリングのお掃除には、「スコッチブライト フロアワイパー」を使っています。これを1階、2階の廊下に1本ずつ♡ここの「無添加ドライシート」がとってもいい感じにわんこのフワフワの毛を絡め取ってくれるんです♪砂などもとれるので、かなり優秀です。当然スペアシートも安売り時にまとめ買い〜wwwww

そして極めつけは「ダイソン コードレスクリーナー V6 Fluffy+」!!ちょっと高かったですが、とっても優れもの!!コードレスでもパワーがあるし、布団クリーナーもついてるのでお得感満載♡(わんこと一緒に寝てるので必需品!)

これでなんとか乗り切っています♡こまめに気づいたときに、モップをかけながら移動するとか、ダイソンで吸い込みながら移動する・・・「ながら毛取り」を日々!!やっています。ちなみに、ブラッシングもテレビ観ながら、もしくは、わんこと遊びながら、とやはり「ながら毛取り」です。(そうでもしないと、ノイローゼになりそうなペースの抜け毛、収穫したら写メを撮って遊んでいますw)遊びながら、楽しく掃除しましょう♡

日頃からできる予防策は?シャンプーって大事なの?

husky-609554__180

やはり、ブラッシング&シャンプーがいちばんでしょう。
ブラッシングをすることによって、皮膚への適度な刺激が新陳代謝を促進し、血行も良くなります。皮膚が健康だと、毛質もぐんと良くなります。老犬などにも血行が良くなることで脳への刺激にもなります。健康チェックやスキンシップもとれるので、まめにしてあげるといいですよね♡

また、シャンプーも抜け毛対策には有効と言えます。体を洗い流してあげることで、抜け毛もしっかり取ることが出来ます。
可愛い愛犬のために、シャンプーは絶対に!「犬用シャンプー」を使用してください。人間用のシャンプーは香りの良いものが多いですが、刺激が強すぎるのでわんこには不向きです。
犬の皮膚は人間に比べ、かなり薄くてデリケート。刺激にとっても弱いんです。「シャンプーで清潔に保ってあげよう」と月に何度も洗ってしまっては、実は皮膚炎にかかるリスクが高くなってしまいます。
犬の皮膚から出る脂は、全身のバリア機能を果たしています。雑菌などの外敵から守るこの脂を、必要以上に洗い流してしまうと、皮膚自体が乾燥してしまいます。香りの良いもの、泡立ちの良いもの、そういったシャンプーではなく、愛犬の皮膚に良いものを選んであげてください。

いかがでしたか?抜け毛は人間でもあるもの、わんこの抜け毛は当たり前。だってあんなにふかふかで立派な毛皮なんだもの♡チャームポイントでもあるふかふか毛皮と、楽しく向き合っていきましょう♡あぁ〜、なんて可愛い♪

Sponsored Link

Posted by nakazato


PAGE TOP